大阪の八尾市にあるタイリクバラタナゴが釣れるという池に水はなし

5999PV

大阪
スポンサーリンク

釣行情報

日 付 :2019/12/11
都道府県:大阪府
場 所 :八尾市
行動区分:釣行

八尾市のタイバラが簡単に釣れる池

最近は釣りに行けてないのですが、とあるところから情報を得ました。
大阪の八尾にタイバラが簡単に釣れる池があるとの情報です。

一方で時期によっては水がないという情報もありました。
最近は釣りに行く暇がないのですが、少し遠いのにも関わらず行きたいという気が出てきました。

それに八尾市と言えばニホンバラタナゴが釣れるという土地でもあります。
釣れても不思議ではないと思いました。

「タナゴが簡単に釣れる」「タナゴはタイバラ」ということで「遠いから」というのは理由にせず行くことにしました。

大阪のタナゴと言えば、淀川ワンドや城北公園となりますが、ここに行ってもなかなか釣れないと思います。

八尾の池に偵察に行く

「水がない」以上に行きたいという気持ちが勝ったのですが、わざわざ遠くに行って水がなく釣りが出来ないのは嫌だなあと思います。
なので大阪に行ったついでに偵察することにしました。

到着するのは17時ぐらいなので暗くなって釣りはできません。

水の有無を確認するだけでも来る価値があると思います。

ついでなので電車で来ました。
駅から徒歩で20分ほどあり少し遠いのですが、仕方がありません。

路に迷わなければ大丈夫と思います。
googleマップを表示してgoogle先生に従って歩いていきます。

最初に少し迷いましたが、後はそれほど迷わずに行くことが出来ました。

途中に水路がありました。
残念ながらまわりが暗くなっているのでタナゴがいるかは不明です。

鯉がいるのがわかります。
そこそこのサイズです。

この光景はよく見かけます。
目的は鯉ではないのでタナゴが釣れるという池に向かいます。

目的の池に到着しました。
場所はすぐにわかりました。

水はありません、噂は本当だったようです。
折角来たので池の近くを歩いてみます。

すると池がありました。
池というよりも大きな水溜りのような感じでもあります。

真っ暗なので池の詳しい状況はわかりません。
「タナゴが釣れる」というのはこの池のことかなという気もしました。

とにかく水があるんだからタナゴが釣れるかもしれないのでまた別の日に来ることにしました。

水深がない

前回の夜に訪問してから二日後にやって来ました。
今回は日がまだ高い時間です。

目的の池に行く途中で鯉がいた用水路の近くを通りました。
先日と違い明るいので川底まで見えたのですが、全く魚影は見えません。

鯉の姿すら見えません、タナゴや小魚の姿も見えずここではタナゴどころか小魚すら釣れないでしょう。

目的の池まで歩いていきます。
水のない池はスルーして水のある池に行きます。

池を見ると「あっ・・・・・水深がない」
池というよりも大きな水溜りといったほうがいいような規模ですが、底が見えて魚影はもちろんありません。

これではちょっと釣りは出来ないかなというレベルです。
先日は暗くなっていて水があることは確認できても水深までは確認出来なかったのです。

前にわざわざ来た意味はなかったなあと思いつつ池の周りを歩いて釣りが出来るところがないかを探してみました。
1ヶ所でも深いところがあればそこでやりたいところです。

このまま釣りをしないで帰ろうかと思ったのですが、底が見えない場所がありました。
水はかなり汚いので深いかどうかはわかりません。

釣れない予感が一杯ですが、折角来たので30分でも竿を出すことにしました。

当たりはあるけど釣れない、釣れたのはタモロコ

釣る準備を始めました。
180cmの竿を使います。

この長さの竿を使うことはなかったのですが、ここなら使えます。
電車でも邪魔にならないようにコンパクトにたためます。

案の定、水深はあまりありません。
1投目を投入しますが、当たりはありません。

何かいれば当たりはすぐにあるはずです。
3投目を投入したぐらいに変化がありました。

ウキが流れるようなアタリがありました。
あわせますが、釣れません。

これ以降アタリが出るようになりました。
釣れないので何がいるのかはわかりませんが、何かいる事は確実です。

釣れなければ早々に引き上げるつもりでしたが、何がいるのか釣ってみようと思いました。
もしかしたらタイバラかもと思いました。

釣り始めてから1時間ぐらいして釣れました。
釣れてきたのは細長い魚です。

「タモロコ」です。
それも小型です。

針は小さい物を使っていましたが、このサイズかもっと小さいのが食っているなら中々釣れないはずです。

16時30分ぐらいで暗くなるまで釣っていました。
釣果は、タモロコが2匹です。

「タナゴ釣っとんの?」

どちらかというと街中に当たる場所なので通行人がたまに声をかけて行きます。

「何釣れるの?」

という感じで声をかけられます。

「釣れてないので何が釣れるかわからない」「小魚」と返事します。

その中で自転車に乗ったおばちゃんがやってきて「タナゴ釣っとんの」と声をかけてきました?

話を聞くと今日は水のない池でものすごくタナゴが釣れるとのことです。
有名な場所らしくたくさんの人がタナゴを釣りに来るらしいです。

おばちゃんがタナゴを知っているのも珍しいのですが、やはりここでタナゴは釣れるようです。
ここで釣りをする人も珍しいと言われました。

釣れる場所には人が集まるので他の釣り人にも会うはずですが、今日は他の釣り人はゼロでした。

来春にまた来たい

実を言うとタナゴが釣れなかったので釣り場を公開しようかと思いました。

聞く感じだとタナゴを釣りに来る人は多いようなので結構有名な場所のようです。
掲載している写真を見ればどこかはわかるかもしれません。

しかし、公開はやめました。
どうも時期によるだけでタナゴは釣れそうです。うちのブログで公開してタナゴの乱獲になってもいけないし。

来春の温かくなった時期にまた来たいと思います。
釣れないなら釣れないで収穫はありました。

来年は大阪の八尾でタイバラです。

水が入ればタナゴが釣れるという事は近くの川にタナゴがいるということなので近くの川を探してもいいのかもしれません。

今年は年末に差し掛かりますが、まだ寒くはなっていません。
機会があればあと1回ぐらいは釣りをしたいと考えています。

スポンサーリンク

“大阪の八尾市にあるタイリクバラタナゴが釣れるという池に水はなし” への1件のコメント

  1. こちらの大きい池は、現在タナゴ湧きまくりですよー!5歳の子供が先日、透明鱗のタナゴ釣りましたよ!

エイティ へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


ページの先頭へ