長岡京市の小泉川へ釣行。タナゴは釣れたか衝撃の結末は?

342PV

京都その他
スポンサーリンク

釣行情報

日 付 :2022/11/10
都道府県:京都府
場 所 :長岡京市
行動区分:釣行

ようやく今年の初釣りに行った

小畑川タナゴ釣り

まだまだ暖かい日々が続いていますが、今年の最後に追い込みで釣りに行くというよりも実はまだ釣りに行っていませんでした。

釣りに行ってない理由は、興味がなくなったというのではなく忙しくて釣りに行けなかっただけです。

ようやく釣りに行けそうだったのと幸い天気がよく暖かい日だったので釣りに行く事にしました。
いつもの事ですが、釣り行く事にしたのが直前だったのでどこに行くか迷いました。

行先が当日になっても決まらずどんどん時間が経過して行きました。
車で遠くに行くのも面倒なので電車で行ける西山天王山駅の小泉川に行く事にしました。

高槻でも良かったのですが、桂についで近いところにしました。

小泉川でタナゴは釣れた?衝撃の結末は!

小畑川タナゴ釣り

車ではないので荷物は多めになりました。
桂駅内のお弁当屋さんでおにぎりを買って電車に乗りました。

西山天王山駅で降りて小泉川に向かいました。
釣り場に行くまでにコンビニはなかったので事前におにぎりを買っておいて良かったです。

すぐに川に到着しました。
以前に来た時と比べて水が少ない感じです。

川によくいる巨鯉は見かけません、水深はそれほどなく底まで見えています。
釣りが出来そうな場所で川を覗いてみると小魚が泳いでいるのが見えます。

細長い魚にも見えるけどタナゴにも見えます。
釣ってみないとわからないところです。

気温は高く釣りには最適な日なので準備をすすめました。
「タナゴ釣れるかな・・・」

仕掛けを準備して餌を作ります。
餌用の水を川からくみます。

何度川から水を汲んでもバケツに水が入りません。
バケツをよ~く見てみるとバケツの底の口が開いています。

これでは水を汲めるわけはないなあ・・・。
ひも付きバケツでは水は汲めないので川べりに降りて水が汲める場所を探してみました。

仕方がないので底の口が開いたバケツで何度か水をくもうとしましたが、やはり水は汲めません。
ザルで水をくむような感じです。

水が汲めないと餌が作れないので釣りは出来ません。
近くで川で水が汲めそうな場所を探しましたが、すぐ近くにはなさそうです。

このままだと絶好の釣り日和ですが、釣りは出来ません。
このまま引き下がるわけにはいかない。

そう思いながら水面を覗くと水が汲めそうなところに降りられそうな場所がありました。
あまり深くは考えなかったのですが、少し危険だけど水が汲めそうな場所に降りる事にしました。

↓こんな場所です、普通の人なら「楽勝」に降りられると思うのではないでしょうか?
降りてみました。いち、にの、さん~・・・・・「あっ」足が少し何かに引っかかったかなあ。

小畑川タナゴ釣り

「ざぶーん」・・・・見事に川に落ちました。
水深はそれほどなく、水も冷たい事はなかったのですが、下半身とカーディガンはずぶ濡れになりました。

まとめ

これまで道具を忘れたというアクシデントは何度かありましたが、「川にはまる」という事はありませんでした。
夏ならそのうち乾く可能性があるのですが、暖かいとは言えさすがに11月なのでほっておいて乾くという事はありません。

寒くはないのですが、下半身がずぶ濡れで気温が下がると風邪をひきそうなので撤収する事にしました。

帰りの電車も下半身が濡れて座れないので立って帰りました。
結局、1投も投げていないので釣りの回数にはカウントはしない事にしましたが、それにしても残念な日でした。

今年のうちにリベンジしたいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ