タナゴの脈釣りは流れがあるところでの釣り方!

5523PV

タナゴ釣り方
スポンサーリンク

タナゴ釣りの場合多くはウキをつけて釣りますが、ウキを使わない脈釣りという釣り方もあります。
タナゴの脈釣りに関して書いています。
タナゴの脈釣りでは「アヅマ式」というものがあるらしいのですが、「アヅマ式」は知らないので一般的な脈釣りの方法を紹介をします。

タナゴの脈釣り

脈釣りって何?

タナゴ釣りは通常ウキをつけて釣ります。この釣り方を「ウキ釣り」と言います。
この「ウキ釣り」に対して「脈釣り」という釣り方があります。

脈釣りというのはウキを外して軽い重りや目印をつけて手ごたえや目印の動きで当たり判断する釣り方です。
渓流釣りなど流れの速い釣りではこの釣り方がメインとなります。
タナゴ釣りの脈釣りに関して書いています。

ウキ釣りではなく脈釣りをする場合は?

タナゴという魚は流れのある場所を好まない魚です。
ですので止水の釣り場で釣りをすることが多いのですが、用水路で釣りをする場合は少し流れがある場合もあります。

流れのある釣り場でウキ釣りをするとあっという間にウキが流されてしまい釣りになりにくいことがあります。
もちろん流れがある釣り場でも緩やかであればウキもゆっくりと流れるのでウキが流されるまでに釣れることはあります。

流れがあってウキ釣りをしにくい場所で釣る場合に脈釣りをしてみるといいでしょう。

脈釣りで重りはどれぐらいの重りを使用するか?

脈釣りではどれぐらいの重りを使用するかが重要と言われています。
ただ、渓流のように流れがすごく早いところを釣るわけではないのでそれほど神経質になることもありません。

タナゴの脈釣りで使う重りはどれぐらいの重りを使ったらいいかを書いてみます。
必要な条件は以下の条件です。
・仕掛けを投入できる重さでないといけない。軽いと仕掛けが投入できない
・あまり重い重りを使用すると穂先が折れたりするので重すぎてはいけない
・重い重りを使うと魚が餌を食った際に違和感があり餌を離してしまうことがある
・あまり軽い重りを使うと仕掛けが沈まなくなったり当たりがわからなくなったりする

使う重さとしては軽いほうがいです。
しかし、重りが軽いと仕掛けの扱いや当たりなどに技術が必要です。
初めての脈釣りの場合は、2~3gぐらいで試してみて状況に応じて重くしたり軽くしたりしてみましょう。

スポンサーリンク

脈釣りの仕掛けは?

ウキ釣りの仕掛けにウキを取ります。
重りはサルカンの30cmぐらい上に重りをつけます。

目印は目測の水深あたりを一番下にして3つぐらいつけるようにします。
そんなに複雑なものではありません、シンプルなものです。

脈釣りでエサは何を使う?

止水で釣る際はグルテンをベースに釣っています。
グルテンのいい部分は水分調整によって硬さが調整でき撒き餌の役割もすることです。
ただし、流れのある釣り場でグルテンを使うと柔らかければ魚が食う前に落ちてしまうこともあります。

餌も流れてしまい撒き餌にはなりません。
ですのでグルテンを使うのであれば少し固めにして使います。

でもやはり赤虫やサシ虫という虫餌を使うほうがベターと思います。
当たりがなければ場所を少しずつ移動していき魚が釣れるところで釣ります。

脈釣りの釣り方

渓流釣りの脈釣りと違うのは渓流ほど流れが速くないということです。
基本的には底を釣ります。

仕掛けを投入すると重りが底につきます。
そのまま当たりを待つことになります。

流れの速さと重りの重さによってはゆっくりと流されることもありますが、仕掛け一杯に流されれば一旦仕掛けを上げて再度投入することになります。

脈釣りで当たりはどう判断する?

脈釣りではウキ釣りのようにウキが沈むということはないのでダイレクトに竿に伝わってくる感触で当たりを判断します。

ウキが沈んだらというように言葉で表現するのは難しいのですが、当たりを合わせるのが難しい魚ではないので慣れれば釣れるようになります。
ブルブルという感じです。

渓流の脈釣りのように早く流されるわけではないので目印の動きを見るよりは直接伝わる感触で当たりを拾うことになります。

脈釣りまとめ

脈釣りは釣りをあまりしたことがないような人には少し難しい釣りとなります。
ですのでまだ釣りに慣れていないのであれば無理にする必要はありません。

タナゴ釣りに少しなれてくれば覚えてもいいのではないでしょうか。
脈釣りを覚えておくと釣果アップに役立ちます。

ウキ釣りでは釣れなくても脈釣りで釣れたというのはあります。
釣りをする楽しさもウキが沈んで合わせると同様にブルブルという感触で合わせるのも楽しいものです。

メインの釣り方ではないのですが、覚えておいて釣り場に応じて使うようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ