タナゴ釣りでおすすめ竿の選び方とは?

8735PV

タナゴ釣り方
スポンサーリンク

タナゴ釣りをするためには道具を揃えないといけないのですが、まず最初は竿になります。
タナゴ釣りをする際にどのような竿を選べばいいかについて書いています。

まずは道具にお金を掛けずにタナゴ釣りを始めるということを優先して説明してみます。

タナゴ釣りの竿

万能竿・小物竿・タナゴ竿

タナゴ釣りに使えそうな竿というとタナゴ竿だけでなく万能竿や小物竿といった竿がありますが、タナゴ竿を使わないといけないかについて書いてみます。
釣り具屋にタナゴ竿としておいてある竿は価格的に少し高いものが多く必ずしもタナゴ竿を使用しないといけないことはありません。

初めてタナゴ釣りをする際は小物竿や万能竿を使ってもいいでしょう。
特にカーボンとか竹とかの明記はありませんが、安いのはほとんどがカーボンロッドです。

素材による違い

釣り竿に使用する素材によって竿の種類が分けられています。
カーボンロッドと竹竿です。
過去にはグラスロッドという種類がありましたが、現在ではほぼなくなりました。

お手頃な価格なのでカーボンロッドで竹竿はかなり高くなります。

降り出し竿と継ぎ竿

釣り竿には順に竿を伸ばして行く「降り出し竿」と1本1本つないでいく「継ぎ竿」があります。
お手頃な価格の竿は降り出し竿が多いです。

どちらも大きなメリット・デメリットはありませんが、継ぎ竿の場合はかたずける際に抜けないといったトラブルがあることがあります。
竿を選ぶ選択肢としてはそれほど気にする必要はありません。

ポイントとなるのは竿を片付けた際にどれぐらいの大きさになるかです。
コンパクトに片づけられると持ち運びが楽になります。

管理人はそれほどポイントを転々とする釣りはしないのでコンパクトにならない竿でもそれほど気になりません。

先調子

釣り竿には先調子というものがあります。
先調子というのは魚が釣れた際に竿のどの部分に負担が掛かるかというものです。
先調子には「先調子」と「胴調子」の2種類があります。

先調子の竿は伸ばして振った際に穂先だけがしなる感じで硬い感じがします、胴調子は竿の元からしなる感じでやわらかい感じです。

個人的に行っていることは、竿を購入する際に一度穂先まで伸ばして持っています。
穂先をすべて伸ばして持って軽く振ってみます。

タナゴという魚は小さい魚で繊細な釣りになるので柔らかい胴調子の竿を選ぶようにしています。
タナゴの釣り味を楽しむというよりはやわらかい竿を使用して魚を丁寧に扱ってあげましょうということになります。

強い当たりに反応して強い目に上げてしまいタナゴが後ろに飛んでいったということにならないようにしたいものです。
結構、重要視しています。

スポンサーリンク

タナゴ釣りの竿の長さは?

どれぐらいの長さの竿を使用するかは、釣りをする場所によります。
4mや5mの竿が必要な釣り場には遭遇したことがありません。

最大で2.7mの竿があれば足りている感じです。
長さが1種類だと心もとないので1.5~2mの竿を準備するようにしましょう。

管理人の場合、少し大きめの川で釣ることが多いためか2.7mの竿を使うことが最も多いです。
もっと狭い用水路で釣る場合でも1.8mの竿で釣っています。

やってはいけないのが、長い目の竿を購入して短くして使うことです。
竿を痛める可能性があるのでやらないようにしましょう。

タナゴ釣りの竿の価格はどれぐらいのものを選ぶ?

では次にどれぐらいの価格の竿を購入すればいいかについて書いてみます。
どれがベストというものはありませんが、タナゴ釣りを始めるにあたり選ぶ竿という視点で書いてみます。

タナゴ釣り専用の竿を購入すると価格が高くなる場合がありますので管理人はタナゴ竿ではなく雑魚釣り・小物釣りの竿を購入しています。
高価な竿はタナゴ釣りに慣れてきて道具に拘りを持つようになってからでもいいでしょう。

雑魚釣りや小物釣りの竿であれば安価に入手が可能です。
だいたい1000~2000円ぐらいで入手できます。

2.7mの竿は量産しているためなのか安いことが多くおすすめです。

竿と仕掛けのセットの購入について

釣り竿に仕掛けがセットで販売されている場合があります。
竿と仕掛けのセットについて購入すべきかを書いてみます。

竿と仕掛けがセットで売っていると割安感があるし、あとから仕掛けを購入する必要もありません。
では、竿と仕掛けのセットを購入していいかというとおすすめしません。

正確にいうとどのような仕掛けがセットになっているかで判断をすべきです。
なぜならタナゴの仕掛けがセットになっていることがなく鮒や小鯉というようなもう少し大きい魚を対象としていることが多いはずだからです。

タナゴ釣りの人口より小物釣りの人口のほうが圧倒的に多くタナゴ仕掛けをセットにしてもユーザーの要望を満たせないからです。

もしセットの仕掛けをそのまま使用したら針が大きすぎて魚が食わないということが発生したりします。
仕掛けの中身まで見てこの仕掛けならタナゴが釣れると踏めばセットで購入してもいいでしょう。

まとめ

タナゴに限らず道具は凝ればきりがありません。
まず、タナゴ釣りを始める場合は、高価な竿を必要なく安価な竿でいいでしょう。

管理人のおすすめは以下の通りです。

  • 竿は2本準備する。ポイントにより使い分けるためです。
  • 2.7mと1.5~2mの竿です。
  • 2.7mは圧倒的に価格が安くできて1.5~2mの竿なら少し狭い用水路でも使えるからです。

  • 価格は1000~2000円の竿。上を見たらきりがありません、タナゴ釣りに慣れればもっと高い竿を購入しましょう。
  • 降り出し竿か継ぎ竿かという部分はこだわりません。
スポンサーリンク

“タナゴ釣りでおすすめ竿の選び方とは?” への2件のフィードバック

  1. 初めまして、これから始めようと思い仕掛けのセットを揃えました。
    昨日仕事で園部まで行った帰りに園部川の上流及びその周辺を見に行きましたが
    タナゴ以外の雑魚の影は見えますが釣れそうになく見に行っただけになりました、
    今後亀岡の七谷川周辺というところを探してみて行きたく思います、その所在地から探しての釣りとなりますので、できればその場所を教えていただきたくお願いいたします。
     よろしくお願いいたします。

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ