車ではなく電車でタナゴ釣りに行くのもありかも

1707PV

日記
スポンサーリンク

タナゴ釣りに限らずですが、車でいくことが普通です。
釣り道具の運搬や車でしかいけないということがあるからです。

少し電車での釣行について考えてみました。

電車で行くタナゴ釣り

車で釣行する理由は主に場所の問題

タナゴ釣りに行く時はほとんど車で行っています。
場所柄車でないと行きにくい場所であることが多いと言うのが主な理由です。

よくタナゴ釣りに行く亀岡に電車で行こうとするなら自宅から嵐山まで行ってJRに乗り換えて亀岡に行きさらにそこから釣り場までバスなどの方法を探さないといけません。
京阪京都バスで近くからバスに乗るという方法もありますが、こちらもめんどくさいものです。
電車だと行くだけで非常に時間が掛かります。でも車であれば30分強でいけます。

もうひとつのカネヒラポイントである宇治川支流のポイントは電車の駅から徒歩圏と比較的行き易い場所にありますが、電車で行くとなるとかなり遠回りになります。
でも車で行くのであれば直線的なルートで行くことができます。

最近では探索用の折り畳み自転車を積んでいって現地で近くを探索しているということもあり車がないと自転車を持っていけないのです。
また、それなりの荷物量もあるということもあります。

ということで「タナゴ釣り=車」が当たり前です。

場所によっては電車での釣行も便利

タナゴ釣りに電車を使って行ってもいいかあと思ったことがあります。
今年の春に仕事で滋賀県に行った時です。

仕事中なので釣りをすることはできなかったのですが、十分に電車でタナゴ釣りに来ることができると思いました。

理由としては

  • 駅から比較的釣り場が近い
  • 駅にレンタサイクルがある
  • 釣り場まで遠いか、渋滞が多い場所である

滋賀県はほとんどの駅でレンタサイクルがあり場所によっては琵琶湖まで遠いところもありますが、すぐ近くに用水路があったりします。
湖西では渋滞に巻き込まれることが多く車だと時間が掛かるのですが電車だと渋滞の心配はありません。

ただ、注意しないといけないのはJRは事情で止まったり遅れたりすることです。
JRは人身事故でよく止まるイメージがありますが、湖西だと風で止まったこともありました。

電車に乗ってしまえば基本的には楽ちんです、ビールでも飲みながら寝ていればいいので。

ということで場所によっては電車で行くタナゴ釣りもいいでしょう。

電車で行っても良さそうな釣り場です。

・滋賀県
湖西・湖東に限らず駅にはレンタサイクルが多くあります。
駅から釣り場まで比較的近くレンタサイクルで行くことができます。
湖西は特にいつも渋滞で時間が掛かっている感じがするです。

・高槻
車で行くと171号線が混みますが、電車だと20分です。釣り道具を持って電車に乗るのが恥ずかしいですが。
レンタサイクルもたくさんあります。
芥川を探るか、淀川まで足を延ばすか、五陵水路に行くかという選択になります。

・加古川
京都からだとかなりの距離があります。新快速で1時間20分ほどです。
加古川行の新快速は割と本数があるので遠い割には行き易いです。

・岐阜
米原~岐阜ぐらいであれば

・敦賀
琵琶湖をさらに超えて敦賀に行くということもできます。
敦賀まで行ってタナゴを釣るかという部分はありますが、電車でいけば楽ですね。

青春18切符で行くタナゴ釣りの旅

近い場所だとわざわざ電車で行くこともないのかなあと思いますが、遠方であれば電車で行ってみる価値はありです。

まあ、電車で遠方に行くとなるとそれなりに交通費が掛かります。
電車でなく車で行ってもガソリン代が掛かるのには違いがありませんが、JRだと割高感があります。

  • 余呉 1490円
  • 長浜 1320円
  • 関ヶ原 1490円
  • 敦賀 1660円
  • 加古川 1940円

行きそうな場所と電車賃です。

加古川に行くと往復で約4000円です。
電車でなく車でも京都南から加古川北までの片道の高速道路代は3000円ほどです。

小遣いがなくなりそうな金額です。
電車であれ車であれ遠征となるとお金が掛かるということです。

でも電車でいくなら少し交通費を安くする方法があります。
もちろんキセルなどの違法行為ではありません。

それは青春18きっぷを使用することです。
「もう18歳じゃないよう」というつっこみはなしです。

この青春18切符はJRが発売するトクトク切符の1つです。
切符の名前が青春18切符というだけで18歳でなくても使うことはできます。

青春18きっぷというのは利用区間に関わらず金額は一定ですが、特急や急行には乗車できないというものです。
要するに新快速であればどこへ行っても同じお金ということです。

青春18きっぷの料金は5枚で11850円となっています。
1枚当たりだと2370円です。

加古川だと随分安くなります。

回数券のように5枚の切符があるわけではないので金券ショップではバラ売りはされていません。
1回だけ使って後は金券ショップで売れば2370円に近い金額になるでしょう。

さらにもうひとつ。
安い代わりに制限事項がたくさんある切符です。

発売期間があります。
切符の名前にあるように学生向けなので学生が長期の休みとなる夏・冬・春に発売されます。

使いたくても秋には使えない切符です。
タナゴ釣りだとやはり夏に使うのがいいでしょう。

まとめ

タナゴ釣りは車だけでなく条件によって電車でいくのもいいでしょう。

遠距離の場所に行く場合は青春18切符を使えば安く行くことができるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ