出張ついでに三重県松阪市のとある田んぼの用水路でタナゴを探索

4320PV

三重
スポンサーリンク

松阪でタナゴを探索

釣行情報

日 付 :2013/05/20
都道府県:三重県
場 所 :松阪市
行動区分:探索

田んぼのそばの用水路にタナゴはいる?

今回は探索ではなく出張のついでにちょっと田んぼの用水路を覗いてみました。

以前は水がなかった用水路ですが、田んぼに水がはいったためか用水路にも水が入りました。

周りは一面田んぼの田園地帯です。

20130520_mie1.JPG

画像で見るとわかりにくいのですが、とても狭い場所で溝といったほうがいいくらいの場所です。
ここには魚影は見えなかったのですが、こんなところにタナゴがいるのかなと思いました。

20130520_mie2.JPG

幅数十センチです。
1.8mのタナゴ竿でも長いくらいです。

いつも探しているのは、googleマップで明確に川というような場所なのですが、下調べなしに田園地帯の用水路を探しても面白いかもしれません。

出張ついでなので「いいなあ」と思う場所を見つけても釣りはできないのですが。

スポンサーリンク

“出張ついでに三重県松阪市のとある田んぼの用水路でタナゴを探索” への1件のコメント

  1. 写真を見ただけでは何とも言えませんが、以前草津市内の王将で家族で食事した後、水路を覗いたらタナゴらしい群れを見つけました。コンクリートの水路です。カネヒラだと信じているのですが。次回確認しようと思いながら行けず始末です。八木周辺では水面に群れていたタナゴの稚魚を、魚を移し替える時に使う小さな網ですくい、成長したらアブラボテだとわかりました。稚魚は本当にたくさんいて自然が豊かなことが嬉しく思いました。余談ですが園部では一度、白メダカを採集しました。北海道ではタナゴにもメダカにも出会っていないので懐かしいです。

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ