あの釣りキチ三平がタナゴを釣った!現代からみた考察

2994PV

日記
スポンサーリンク

ある程度年齢がいった人にとっては代表的な釣り漫画があります。
それが「釣りキチ三平」です。

そんな釣りキチ三平にタナゴ釣りをした章があったので読んで見ました。

釣りキチ三平には幻の魚がよく出てくるのでなんな内容の漫画か楽しみです。

釣りキチ三平がタナゴを釣った!

天才釣り少年・三平三平(みひらさんぺい)

東北の山形県に住む天才釣りキチ少年の三平三平がいろんな魚に挑んむという漫画です。

三平三平は、「さんぺいさんぺい」ではなく「みひらさんぺい」と読みます。

おじいさんが「一平」、行方不明のお父さんが「平」でみんな釣りキチで三平以上の腕の持ち主です。

釣りキチ三平が挑んだ話は以下のような魚です。

  • カルデラの青鮒
  • 夜泣谷の怪物
  • 三日月湖の野鯉
  • O池の滝太郎
  • イトウの原野
  • 有明海のムツゴロウ
  • ハワイのブルーマーリン
  • 四万十川のアカメ

簡単には釣れないような魚が並んでいます。

鮎川魚紳と三平三平

三平三平には、兄貴であり親父である素敵な相棒がいます。
もちろん、三平に勝るとも劣らない凄腕の持ち主です。

この鮎川魚紳さん全国を釣りしてあるく風来坊で釣り好きの人から見たら羨ましい限りの生活を送っています。
謎の人物ですが、親が会社の経営者で財閥の息子さんでもあります。

この鮎川魚紳さんのおかげで三平はいろんなところで釣りができてその才能が発揮できたというところもあります。
魚紳さんがいなければ東北の片田舎の釣り漫画だったかもしれません。

魚紳さんの紹介してもらって初めての釣り場に行くというシーンが結構でてきます。
鮎川魚紳さんは単に相棒というだけでなく釣りキチ三平にはなくてはならない人物です。

ちなみに鮎川魚紳さんは元々はちょい役の予定だったらしいのですが、女性読者の人気がでてレギュラー化したそうです。

三平三平はどんなタナゴを狙ったか?

では釣りキチ三平に出てくるタナゴ釣りはどんな内容であったかについて書いてみます。

釣りキチ三平に出てくる魚は幻と言われるものが多いのでどんなタナゴが出ているのか楽しみでした。

イタセンパラかアカヒレタビラかニッポンバラタナゴかそれとも別の珍しいタナゴかというところです。

釣りキチ三平のタナゴ釣りでは幻のタナゴというものは釣りませんでした。

ジャックという外人が「ビックフィッシュを釣りたい」ということで訪ねて来たのに対して「タナゴ釣り」を勧めたという流れです。
大きな竿で大きな魚を釣るのではなく、小さな竿や仕掛けで小さい魚を釣って楽しむということです。

三平の狙い通りにジャックはタナゴ釣りを堪能しました。
小さなビックフィッシングです。

太い仕掛けで大きな魚を釣るのだけでなく、細い仕掛けで小さい魚を釣るのもビックフィッシュということです。

釣りキチ三平が描かれた時代というのは30〜40年も前の時代なのでタナゴは近くの川でいくらでも釣れたのではないかと推測します。

三平の住んでいるところは東北の山形県という設定のはずなので釣れたタナゴはカネヒラは生息してなくヤリタナゴまたはアブラボテといったところなのでしょうか。

現代では、アカヒレタビラとかイタセンパラと言う前に今はタナゴが幻となりつつあります。

あまりないタナゴ釣り大会?

巨体の外国人のジャックがタナゴ釣りに挑んだ後にタナゴ釣り大会にチャレンジしています。

サクッと「タナゴ釣り大会」について調べてみたのですが、現在では開催されてないようです。

タナゴが釣れる場所の公開がされてないのでタナゴ釣り大会を開催するにしてと場所は限られてしまいます。

あまり知られてない場所で開催しようものなら「ここでタナゴが釣れる」と言っているようなものなのです。
なのでタナゴ釣り大会をするのであれば、誰もが知っている超有名ポイントである必要があります。

もしくは川や用水路ではなく釣り堀のように決められた場所で開催するほうが可能性があるかもしれません。

関西近辺だと淀川の城北ワンドというところでしょうか。
超有名ポイントです。
関西ではここぐらいですか、釣り場を公開しても怒られないのは。

マルキュー当たりが開催してくれればいいのですが、マイナーな釣り過ぎて厳しそうです。

釣りキチ三平のタナゴ釣りはお勧め?

最後に釣りキチ三平のタナゴ釣りはお勧めかについて書いてみます。

釣りキチ三平の面白いところというのは、簡単には釣れない幻の魚を苦労して釣ることです。

タナゴ釣り編は、残念ながらそういう話しではありませんでした。
幻の魚を釣るという話は、何話もあるような長編の話ですが、タナゴは1話2話で終わるような短編の話です。

なので是非お勧めというものではありません。

タナゴ釣りをしていて興味があれば読んで見てもいいのではという程度に留めます。
ちなみにタナゴ釣り編が載っているのは、「釣りキチ三平の26巻」です。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ