2016年の初釣りはタナゴではなく琵琶湖・文化館北の河口で小鮎釣り

2583PV

滋賀
スポンサーリンク

琵琶湖で小鮎釣り

釣行情報

日 付 :2016/03/13
都道府県:滋賀県
場 所 :大津市
行動区分:釣行

まずは文化館の北河口

2016年ようやく初釣りに行ってきました。
しかし、タナゴではなく小鮎釣りです。

朝、琵琶湖に到着すると風はあまりなく暖かかったので充分に釣りができそうな天気でした。

浜大津で京阪電車を降りて湖岸を歩いていったのですが、パラパラいる釣り人はすべてバス釣りです。

ようやく小鮎の釣り人を見かけたのが、文化館のすぐ北の河口と少し北の河口です。

5組が2人ずつぐらいで合計10人ほどいます。
釣り人がいるということはここで釣れるかもしれないということで文化館の少し北に陣取って釣りを始めました。

琵琶湖文化館横

小鮎釣りは初めてです。
昔、使っていたヘラ竿5.4mに市販の小鮎用サビキを使用しました。

撒き餌をかごに入れ仕掛けを投入。
あまりかってがわからず、仕掛けの投入を繰り返しますが、当たりはなく時間が過ぎていきます。

3時間ほど釣って当たりがなかったので場所を移動することにしました。

まわりを見てもそんなには釣れてないようでした。

プリンスホテル付近の河口

湖岸を歩いて膳所まで行きました。
釣り人は、いてもバス釣りです。

膳所の小林釣り具店で情報収集をかねて買い物をしました。
小鮎はまだ、少し早いかもしれないということでした。

ついでにタナゴも聞いてみましたが、釣れるという話は聞かないとのことでした。
小林釣り具店で聞いたプリンスホテル付近の河口で再度釣りを始めました。

大津プリンスホテル

ここは誰も釣りをしてなく小1時間ほど釣ったのですが、当たりはなく寒くなってきたので納竿となりました。

大津プリンスホテル横

まとめ

いつものように思い立っていくのではなく朝早くから張り切ってきたのですが、ボーズに終わりました。

小鮎はサビキで釣るので魚がいれば簡単に釣れるイメージでしたが、そんなに簡単にはいかないようです。

タナゴと同じでそれなりに釣るには下調べや準備が必要ということでしょう。

一度やりたかった小鮎釣りができて楽しい1日でした。

もう少し暖かくなったらもう一度来たいかな。
でも、次はタナゴ釣りに行きたいなあ。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ