滋賀県の南小松漁港と琵琶湖近江舞子沼に遠征する

4146PV

滋賀
スポンサーリンク

滋賀県でタナゴ釣り

釣行情報

日 付 :2015/08/28
都道府県:滋賀県
場 所 :大津市
行動区分:釣行

久しぶりの滋賀県・琵琶湖

少し時期外れの夏休みが取れたので前から行きたかった滋賀県に行ってみました。
それで行先はというと、滋賀県近江舞子の南小松漁港&琵琶湖近江舞子沼です。

なぜ、この場所にしたかというと少し前に滋賀県の釣り場ガイドみたいな本でタナゴがいると書いてあったからです。
近江舞子ならそこまで遠くはないからいいかと思ったのもあります。

朝はゆっくりめの出発で到着は昼前になりましたが、到着した後いきなり少し近江舞子に来たことを後悔しました。

残暑がまだ厳しい8月の末、また海水浴客がわんさといました。
さすがにもう学校が始まっているはずなのでファミリーはいませんでしたが、大学生ぐらいの若者であふれてました。

このため駐車料金も高く見回したところ2000円ほど必要でした。

もう来てしまったので引き返すことはできずそのまま釣りをすることにしました。
通りがかる人に声を掛けられるといやなんですが、声は掛けられませんでした。

やっぱり外来魚の宝庫?

まずは、駐車場近くの南小松漁港で釣りをしました。

水面を見渡すと細長い魚影が見えます。
いつもつれるブルーギルではなくバスっぽい魚です。

かなり暑かったので水分を充分に摂りながら釣りをしていましたが、なかなか釣れずようやく釣れたのがブルーギルでした。
やっぱりこいつかというところです。

その後しばらく続けていましたが、中々釣れません。
見えている細長い魚がタモロコだったらいくらでも釣れるはずなんですが、やっぱりバスの稚魚かもしれません。

近江舞子沼も同じ状況

しばらく釣っていて釣れなかったので近江舞子沼のほうに移動しました。
それにしても暑かったです。

近江舞子沼

すぐ近くの近江舞子沼も近いだけあって状況は同じような状況です。

細長い魚は見えていますが、食いつきません。

もっていった網ですくってみると入りました。
「ブラックバスの稚魚」でした。
ブルーギルが少ない分ここは、バスの稚魚が多いようです。

近江舞子沼のブラックバス

ブルーギルが1匹釣れたのみであとは何も釣れなかったのでタナゴがいたか・・ということはわかりませんでしたが、やっぱりここもか・・という感じです。

湖西ならもっと北か、湖東なら米原ぐらいまでいかないとタナゴは釣れないような気がします。
狭い水路なんかあれば期待できるかもしれませんが、本湖とか沼だとだめです。

スポンサーリンク

“滋賀県の南小松漁港と琵琶湖近江舞子沼に遠征する” への1件のコメント

  1. 毎回楽しみに拝見させていただいています。

    私も京都中心で釣り歩いています。
    何ヶ月も空振りしていましたが最近、なんとかコンスタントに釣ることができるようになりました。

    宜しかったら情報交換できたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ